鉄骨耐雪住宅 協和建設

地震や豪雪にも安心。雪国の住まいを考える、協和建設の鉄骨耐雪住宅「ゆきぐにの家」

耐雪住宅について イベント案内 建築作品集 会社概要
資料請求・お問い合わせ建築作品集外観作品集内観作品集収納作品集建築プラン集よくある質問最新イベント情報

協和建設株式会社
新潟県十日町市寅乙417-1
TEL 025-757-2233
FAX 025-752-4666


資料請求・お問い合わせ リンクサイト サイトマップ
トップ > よくある質問
よくある質問

お客様から寄せられる質問に答えます。

どうして耐雪住宅なの?

 今までの克雪住宅と言えば自然落下式の屋根がほとんどでした。しかし自然落下式屋根は落ちた雪が2階まで届き、硬くなった雪を片付けなければなりません。 また寒い時にはなかなか雪が滑り落ちず、貯まった雪が一度に滑り落ち毎年犠牲者が出ています。

 それでは、近年増えてきた融雪式屋根はどうでしょうか?融雪屋根は工事費が300万円くらい余計にかかり、しかも毎年維持費がかかります。(豪雪の年は20万・30万という話も聞きます) 地球温暖化、化石燃料の枯渇等考えると屋根の上を暖めるのは先が見えてきたと考えます。
 耐雪屋根はエネルギーを一切使わない克雪住宅ですです。地球温暖化などの環境問題やエネルギー問題などを考えると、耐雪住宅が今後も増えて来ると確信しております

 降ってきた雪は構造を丈夫にしてそのままにして置けば良いのです。春になれば屋根の雪は地表より早く融けます。「何もしない、維持費をかけない」のが耐雪住宅です

家の中はどうなっているの?

 鉄骨造の場合「鉄骨なのに中は木造住宅と変わりないのね」という感想をよく聞きます。木の温もりのある本格和風はもちろん、広い空間、大きな窓、吹き抜けや4枚引き込みの建具など思いのままに造れます。
 また将来の間取りの変更も容易に出来るのも重量鉄骨造の魅力です。壁を取り払って2部屋を一つに出来るのも、中壁には一切の荷重がかかっていない重量鉄骨造が可能にしました。

 木造耐雪住宅は屋根が平らなだけで中は一般住宅と同じです。緻密な構造計算で設計されているので太い梁・柱は入りますが表にはあまり出てきません。
 3階建てで車を何台もガレージに入れたい方には、1階を重量鉄骨で造り、広々とした駐車スペースを確保するハイブリット工法をお勧めしています。

耐雪住宅って高いのでは?

 鉄骨造と言えば高級住宅というイメージがあるようです。確かに今までは、高くて普及しなかったのも事実だと思います。
 当社は平成3年に事務所移転を契機に鉄工部を新設しました。最新の設備と熟練の技術者によって 作り出される質の良い鉄骨を、材料費と手間賃だけで建てています。これが出来るのも自前の工場だからこそ出来ることで、当分は鉄骨住宅の普及のために、木造並みの価格で頑張ります。
  ちなみに坪単価は床面積にもよりますが、3階建ての1階車庫部分も含めた坪数に50万円程をかけていただくと目安になると思います。

 木造耐雪住宅の場合は、重量鉄骨造と同じ構造計算をし柱や梁を決めていますので、一般の住宅より骨太ですが、重量鉄骨造より1〜2割安くなっていますので、最近では木造耐雪住宅の方が着工数が多くなってきています。

鉄骨は税金が高いと言うが?

 鉄骨耐住宅は税金が高いと言われているようですが、当社で建てた鉄骨住宅で、税金のことで苦情を言われたことはあまりありません。また鉄骨住宅は固定資産税がなかなか下がらないとも言われます。 確かに木造と比べると下がる率は 少ないのが現実ですが、資産価値が長く続くものとお考え下さい。
  反面「火災保険や地震保険が安くてよかった!」という声も聞きます。頑丈な骨組みで燃えるものが少ないですから保険会社も安く見積もるのは当然です。更に屋根雪処理にお金をかけない訳ですから長期的な目線でお考えください。

 ちなみに木造耐雪住宅は一般住宅と変りありません。  

工期はどれくらいかかりますか?

 地鎮祭から4ヶ月ほどみてください。2階建てと3階建てなど家の大きさによっても多少違いますが、だいたいその位かかります。
 また、プランニングから契約まで最低2ヶ月はかかります。プランが決まってから本設計に入り地盤調査や構造計算をします。 そして出来上がった設計図から細かな見積書を作成し提出しますが、予算の関係から練り直すことも多く、納得のゆくまで繰り返すと、準備期間に3ヶ月から4ヶ月かかると見たほうが良いでしょう。

他に質問がある場合は「お問い合わせ」からお願いします。